効果

小さい子供を自動車に乗せる場合6歳未満の子どもはベビーシートやチャイルドシートといった専用の外付けシートの使用が義務付けられています。しかし特に義務がもうけられていない6歳以上の子どもも自動車のシートやシートベルトを利用するにはまだまだ身長が足りないので、それを補うためにはジュニアシートを取り付ける必要があります。これで小さい子供でもシートベルトの効果をフルに発揮する事が出来るとの事ですが、ジュニアシートには一体どのような効果があるのでしょうか。

 
ジュニアシートはシートベルトの固定力を効果的に発揮させるために使用します。シートベルトは通常身長140センチ以上の方の身体を固定する事が出来るように設計されているため、それよりも小さい子供には固定力をフルに発揮する事が出来ないので、ジュニアシートを取り付けることによって座高をアップさせてシートベルトの固定力を効果的に発揮させる事が出来るようにします。さらに背もたれ月のモデルの場合は頭周りに衝撃吸収のための装備が取り付けられているので事故に遭ったときの衝撃から頭を守ることも出来ます。より安心して子どもを自動車に乗せたいという方はぜひジュニアシートを取り付けて子供が成長するまでその身を守ってあげてください。