ジュニアシートが必要な子ども

a0001_016405

 

子どもの安全を守るために義務付けられたチャイルドシートを初めとした外付けシートの取り付け義務は6歳未満の子どもが対象となっています。そのため6歳を迎えたら専用のシートは使わずに自動車のシートにそのまま乗せている方は非常に多いと思いますが、ソノシートは本当に安全性を確保できていますか?子どもの成長は個人差があるので6歳を過ぎたころでも自動車のシートが合っていないことも珍しくありません。そんな子どもの安全を守るためにもジュニアシートの取り付けも行うようにしてください。

 
自動車のシートは基本的に大人のために設計されています。そのためシートベルトが固定力を発揮する事が出来る身長も子どもの身長にしては大きめに設定されており、大体140センチある人に対してシートベルトは固定力を発揮する事が出来るそうです。6歳児の男の子の平均身長が113.3センチだそうなので、恐らくほぼ全ての6歳児はシートベルトをつけても身体が固定できないと思われます。となればジュニアシート無しの状態で事故を起こした時子どもの安全は守られないと考えられるので、そんな事態を引き起こさないためにも例え義務化されていないとしてもジュニアシートを取り付けて子どもの安全を守ってください。