6歳以上の子どもには不要?

子どもを自動車に乗せる場合原則として6歳未満の子どもの場合はベビーシートやチャイルドシートを取り付ける必要がありますが、それはつまり6歳以上の子どもに対しては特に何もしなくても良いということなのでしょうか。6歳から10歳の子どもを対象にしたジュニアシートという商品があるにも拘らずそれが義務化されていないということはジュニアシートは本来不要なものであるということにも捉えられそうですが、実際のところジュニアシートは不要な存在なのでしょうか。

 
自動車のシートベルトは本来身長140センチ以上の方を対象に作られています。そのため6歳の子どもが普通のシートベルトを使用した場合間違いなくシートベルトは体に合わないため、安全性を高めたいのであればジュニアシートを使わなければなりません。つまりはジュニアシートは不要どころか無くてはならない存在なのでこれから6歳になる子どもがいるという方は例え義務化されていないとしてもジュニアシートを取り付けてあげてください。ジュニアシートはチャイルドシートと比べても低価格で購入する事が出来るので、なるべく費用を抑えたいという人でも比較的安全性の高いものを手に入れる事が出来るはずです。