未分類

ジュニアシートの取り付けは特に義務付けられていないため、取り付けていない方が非常に多いといいます。いくら義務が無いとは言っても子どもの安全のためには付けるべき装備ではあるのですがベビーシートから始まってチャイルドシートにジュニアシートと何度もそれ以降使うかどうかも分からないものを買うのはちょっと抵抗があるという方も少なくないようです。そんな方から人気を集めているのが0歳から10歳まで使い続ける事が出来る兼用タイプの外付けシートで、これだけ購入しておけば全てのシートを買ったのと同じことになるので、いくつも外付けシートを買う必要がなくなります。

 
兼用シートを購入する際は子どもが成長するまでの間どれだけ劣化を食い止める事が出来るかどうかに気をつける必要があります。長年使い続けていれば当然固定器具などは劣化してしまうので子どもが成長するのと同時に壊れて使い物にならなくなるかもしれません。さらにずっと古いシートを使い続けることになるので、数年後にはもっと良い性能のシートが発売されているのでより高い性能を持つシートを利用したい場合は兼用タイプは全く向いていません。兼用タイプのシートを購入する際はこうしたデメリットを考慮した上で選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

 

子どもを自動車に乗せる場合原則として6歳未満の子どもの場合はベビーシートやチャイルドシートを取り付ける必要がありますが、それはつまり6歳以上の子どもに対しては特に何もしなくても良いということなのでしょうか。6歳から10歳の子どもを対象にしたジュニアシートという商品があるにも拘らずそれが義務化されていないということはジュニアシートは本来不要なものであるということにも捉えられそうですが、実際のところジュニアシートは不要な存在なのでしょうか。

 
自動車のシートベルトは本来身長140センチ以上の方を対象に作られています。そのため6歳の子どもが普通のシートベルトを使用した場合間違いなくシートベルトは体に合わないため、安全性を高めたいのであればジュニアシートを使わなければなりません。つまりはジュニアシートは不要どころか無くてはならない存在なのでこれから6歳になる子どもがいるという方は例え義務化されていないとしてもジュニアシートを取り付けてあげてください。ジュニアシートはチャイルドシートと比べても低価格で購入する事が出来るので、なるべく費用を抑えたいという人でも比較的安全性の高いものを手に入れる事が出来るはずです。

 

 

 

 

 

ジュニアシートは6歳以上の子どもを対象にした外付けシートの一種で、自動車法で義務付けられてはいないもののシートベルトの固定力を発揮する事が出来ない6歳から10歳までの小さい子供を守るために取り付けられる事が多いそうです。ジュニアシートは身体の固定自体は自動車に備え付けられているシートベルトを活用するためチャイルドシートやベビーシートよりも低価格で購入する事が出来、さらに安く手に入れたい人のために設計されたタイプも販売されています。

 
ジュニアシートのタイプは主に二種類で、背もたれの無いタイプと背もたれ付きのタイプに分ける事が出来ます。背もたれのないタイプは本当にシンプルなつくりで、取り付けも非常に簡単です。価格も非常に安く、二千円くらいで購入する事が出来るものもあるそうです。背もたれが付いているタイプは背中や側面に衝撃吸収用のガードが取り付けられているため不測の事態が起きたときも安心です。その分少々高めではありますが、チャイルドシートなどと比較すると非常に安く、なるべく費用を抑えたいという方でも手軽に購入する事が出来るでしょう。どちらを購入するかは自分次第ですが、どちらを購入するにしても何も無いよりははるかに安全性が増すのでぜひ取り付けるようにしてください。

 

 

 

 

 

小さい子供を自動車に乗せる場合6歳未満の子どもはベビーシートやチャイルドシートといった専用の外付けシートの使用が義務付けられています。しかし特に義務がもうけられていない6歳以上の子どもも自動車のシートやシートベルトを利用するにはまだまだ身長が足りないので、それを補うためにはジュニアシートを取り付ける必要があります。これで小さい子供でもシートベルトの効果をフルに発揮する事が出来るとの事ですが、ジュニアシートには一体どのような効果があるのでしょうか。

 
ジュニアシートはシートベルトの固定力を効果的に発揮させるために使用します。シートベルトは通常身長140センチ以上の方の身体を固定する事が出来るように設計されているため、それよりも小さい子供には固定力をフルに発揮する事が出来ないので、ジュニアシートを取り付けることによって座高をアップさせてシートベルトの固定力を効果的に発揮させる事が出来るようにします。さらに背もたれ月のモデルの場合は頭周りに衝撃吸収のための装備が取り付けられているので事故に遭ったときの衝撃から頭を守ることも出来ます。より安心して子どもを自動車に乗せたいという方はぜひジュニアシートを取り付けて子供が成長するまでその身を守ってあげてください。

 

 

 

 

 

a0001_016405

 

子どもの安全を守るために義務付けられたチャイルドシートを初めとした外付けシートの取り付け義務は6歳未満の子どもが対象となっています。そのため6歳を迎えたら専用のシートは使わずに自動車のシートにそのまま乗せている方は非常に多いと思いますが、ソノシートは本当に安全性を確保できていますか?子どもの成長は個人差があるので6歳を過ぎたころでも自動車のシートが合っていないことも珍しくありません。そんな子どもの安全を守るためにもジュニアシートの取り付けも行うようにしてください。

 
自動車のシートは基本的に大人のために設計されています。そのためシートベルトが固定力を発揮する事が出来る身長も子どもの身長にしては大きめに設定されており、大体140センチある人に対してシートベルトは固定力を発揮する事が出来るそうです。6歳児の男の子の平均身長が113.3センチだそうなので、恐らくほぼ全ての6歳児はシートベルトをつけても身体が固定できないと思われます。となればジュニアシート無しの状態で事故を起こした時子どもの安全は守られないと考えられるので、そんな事態を引き起こさないためにも例え義務化されていないとしてもジュニアシートを取り付けて子どもの安全を守ってください。

 

 

 

 

 

ジュニアシートは6歳以上の子どもを対象にした商品のため、他の外付けシートと比べると軽視されがちですが備え付けのシートやシートベルトは6歳ほどの子どもの身長にはまだまだ大きいので、子どもを安心して自動車に乗せるためにはジュニアシートは必要不可欠な装備です。出来れば購入してもらいたいものですが、ベビーベットとチャイルドシートを購入した後でさらに専用のシートを買うのは少々お金が掛かりすぎなのではと感じる方もいるのではないでしょうか。しかしジュニアシートの相場はチャイルドシートなどと比べると比較的低価格なので出来る限り出費を抑えたいという方でも安心して購入する事が出来ます。

 
ジュニアシートはチャイルドシートなどとは違い、シートそのものに固定器具などを搭載しておらず、固定は自動車備え付けのシートベルトを利用するのでその分価格は安めに設定されています。高いものでもチャイルドシートの半額くらいで購入する事が出来るそうですし、さらに背もたれの無い低価格商品もあるので、安いものなら二千円もあれば十分購入する事ができるそうです。これだけ安いならそれなりのものを用意する事が出来るという方も多いと思うので子どもの安全のためにもぜひジュニアシートを導入してください。

 

 

 

 

 

ジュニアシートはチャイルドシートなどと比べると取り付け義務がない分手に取る方は少ないそうですが、シートベルトの性能をフルに発揮する事が出来る身長になるまでの間子どもの安全を守りたいのであれば必ず導入しておくべき装備です。そんなジュニアシートを購入する予定という方の中にはどんなジュニアシートを購入するべきか迷っているという方も多いと思いますが、現在人気のあるジュニアシートにはどんなものがあるのでしょうか。

 
ジュニアシートには様々な種類がありますが、ベビーシートとチャイルドシートを購入してからのジュニアシートの購入となるとついつい予算を抑えてしまいがちになるようです。それでも座高を高くするシンプルなタイプよりも背もたれが付いてサイドカバーなどがセットされているより安全性の高いもののほうが人気を集めているので、値段の安さを重点的に考えるよりは子どもの安全を確保することを第一に考えている人のほうがジュニアシート購入者の割合のうち多数を占めているということでしょう。またわざわざ子どもの成長に合わせてシートを購入しないで済むように初めから複合型のシートを購入する方も多いようなので、子どもが近々生まれるという方はそちらを購入しても良いかもしれません。

 

 

 

 

 

子どもを交通事故から守るためにベビーシートやチャイルドシートの取り付けが義務付けられるようになってから子どもが成長するたびに年齢に合わせたシートを買いに来る姿を目にするようになりましたが、取り付け義務が特に存在しないジュニアシートを購入する方はベビーシートやチャイルドシートを購入する方に比べて明らかに少なくなっているそうです。確かに専用のシートの使用が義務付けられている年齢以上の子どもを対象に設計されたジュニアシートは取り付ける義務はありませんが、ジュニアシートをつけるのとつけないのとでは安全性に大きな差が出てきます。

 
自動車のシートは初めから大人にあわせて設計しているため小さな子どもには基本的にはシートが合わないようになっています。それは6歳以上の子どもでも同じ事で、6歳ごろの子どもの多くは備え付けのシートベルトを使用しても体型が合わずに固定力が聞かない事がほとんどでしょう。そのためジュニアシートはシートベルトの効果をフルに発揮させるためには必要不可欠な存在なのですが、義務が無いからと購入しない人が非常に多いのだそうです。義務は無いかもしれませんが子どもの命を守るためにもジュニアシートもちゃんと使用してください。

 

 

 

 

 

ジュニアシートは外付けシートの使用が義務付けられている6歳未満の子どもを対象としたベビーシートやチャイルドシートと比べると重要視される事が少ないシートです。しかし6歳になったばかりの子どもはまだまだ小さいので自動車のシートベルトだけだとすぐに抜け出せることも多いので十分な固定力を期待する事が出来ない可能性があります。もし何かあった時に大きな怪我を負ったりしては後の祭りなので出来ればジュニアシートも利用するようにしてください。

 
ジュニアシートの適正年齢は6歳から10歳ほどの子どもとされています。ジュニアシートはベビーシートやチャイルドシートのように専用の固定具が装備されているわけではなく、自動車のシートに取り付けることによって座高をアップさせて備え付けのシートベルトに身体を合わせることを目的として開発されているので、子どもの成長具合によっては速いうちから使い必要が無くなる場合もあります。そのため6歳の誕生日を迎えてからは自動車のシートにそのまま座らせている方も珍しくありませんが、一度シートベルトを着けてみてすぐに抜け出す事が出来るようならジュニアシートの導入を検討したほうが良いかも知れません。