適正年齢

ジュニアシートは外付けシートの使用が義務付けられている6歳未満の子どもを対象としたベビーシートやチャイルドシートと比べると重要視される事が少ないシートです。しかし6歳になったばかりの子どもはまだまだ小さいので自動車のシートベルトだけだとすぐに抜け出せることも多いので十分な固定力を期待する事が出来ない可能性があります。もし何かあった時に大きな怪我を負ったりしては後の祭りなので出来ればジュニアシートも利用するようにしてください。

 
ジュニアシートの適正年齢は6歳から10歳ほどの子どもとされています。ジュニアシートはベビーシートやチャイルドシートのように専用の固定具が装備されているわけではなく、自動車のシートに取り付けることによって座高をアップさせて備え付けのシートベルトに身体を合わせることを目的として開発されているので、子どもの成長具合によっては速いうちから使い必要が無くなる場合もあります。そのため6歳の誕生日を迎えてからは自動車のシートにそのまま座らせている方も珍しくありませんが、一度シートベルトを着けてみてすぐに抜け出す事が出来るようならジュニアシートの導入を検討したほうが良いかも知れません。