ジュニアシート

a0007_001542

 

自動車事故が発生した場合社内の子どもは外に飛び出してしまう可能性が非常に高いといわれていました。自動車のシートは大人を対象に設計されているためシートベルトの大きさが合わず固定できないことからより高い固定性を持つシートの使用が義務付けられるようになったことで多くの方が利用するようになったのがチャイルドシートやジュニアシートといった子ども専用の外付けシートです。子どもの成長に合わせて商品を買いそろえなければならない分出費は増えてしまいましたが、子どもの安全のためには必要不可欠なものなので、成長に合わせてしっかり揃えていきましょう。

 

 

ジュニアシートは比較的大きくなった子どものための外付けシートです。対象となる年齢の子どもは6歳から10歳とされており、そのころの子どもにはまだ少し大きいシートベルトを効果的に使えるようにするために使用します。チャイルドシートを初めとした外付けシートの使用義務は6歳未満の子どもに限定されているので中には使用していないという方もいるかもしれませんが、小柄な体型の子どもだとまだまだ備え付けのシートベルトだけだと不安なのでより高い安全性を確保するためにもジュニアシートも利用するようにしてください。